プレママライフを楽しもう!

ママライフのすすめ

プレママと旅行

プレママだって旅行に行きたい!その気持ちは分かります。ですが飛行機に乗ったり新幹線に乗ったりと長時間の移動は、妊婦さんには辛くなってきますね。お母さんの心を癒すには必要なことなのかも知れませんが、赤ちゃんにとってはやはり負担です。旅行はいつごろまで可能なのか、どんな場所なら行っても大丈夫なのか調べてみました。

プレママ旅行の時期

昔は妊婦さんの旅行は厳禁とされていましたが、現在は安定期といわれる妊娠5ヶ月~7ヶ月の間なら旅行も可能といわれています。だいたい16週くらいに胎盤が完成し、流産の可能性が低くなりますので、その頃から27週くらいまでが最適です。妊娠初期は流産の可能性もありますし、つわりもひどいので乗り物酔いなどもしやすく旅行には向いていません。赤ちゃんにも負担になるのでなるべく避けましょう。妊娠9ヶ月以降も可能ではありますが、お腹が張りやすくなりますのでお腹の赤ちゃんのことを考えて避けたほうがいいでしょう。また、旅行に向いているとされる16週~27週でも、油断は禁物です。妊婦であるという自覚を持ち、無理のないスケジュールを立てましょう。

まずはマタニティアイテムを揃えましょう

移動方法

海外、国内ともに1ヶ所でのんびりするようなスケジュールが好ましいです。移動時間は普段よりも長めに取り、余裕のあるスケジュールを組むことが大切です。移動はできれば6時間以内にし、長時間同じ姿勢でいることを避けましょう。飛行機などでは事前に添乗員に妊娠していることを告げておくことが大事です。妊娠中は血栓症になりやすいので、座りっぱなしではなく席を立って歩いたり、座ったままの場合でも足首を動かすなどして血流をよくする工夫をしましょう。万が一の際に、手早く対応してもらえます。車での移動などでは2時間に1回休憩をとるようにしましょう。船での移動は、妊娠中には向いていません。避けるようにしましょう。

気をつけること

できれば旅行を目一杯楽しみたいという気持ちは分かりますが、お腹の赤ちゃんのことを第一に考えて行動するようにしましょう。体調が悪くなったり、お腹が張ったりしたら休憩をとる事が大切です。また、旅行先で万が一のことがあった場合に駆け込める病院を調べておくこと、病院が近くにある場所を選ぶことも大事です。母子手帳や保険証など入院に必要なものは必ずもっていくようにしましょう。温泉の成分は妊娠に影響はありませんが、熱いお湯に長く浸かったり、サウナに入ったりは赤ちゃんの負担になるのでやめましょう。転倒にも気をつけなければいけません。羽目を外したくなりますが、お酒ももちろんダメですし、夜更かしも母体の負担になります。旅行中はリラックスすることを心がけて、無理のないスケジュールを組みましょう。また、海外などでは食事や水にも気をつけなければいけません。妊娠中は薬に頼ることができませんので、お腹を壊したりしたら大変です。興味があっても現地のものは安全と分かるものだけ口にするようにしましょう。妊婦は時差ぼけが普通の人よりもひどくなる場合がおおいので、海外に行く場合は時差が少ない場所を選ぶようにしてください。

プレママ旅行のリスク

旅行は楽しいものですし、妊娠の不安を和らげてくれたりストレスを癒してくれたりとプレママにとっていいことも沢山あります。ですが、お腹の赤ちゃんにとっては大きなリスクがあるということも忘れないでください。

安定期=絶対大丈夫ではない

安定期に入れば流産・早産をしなくなると勘違いしている方が多くいるようですが、決してそうではないことを覚えておいてください。安定期というのは胎盤が出来上がり、赤ちゃんに栄養を送りこむ通路が完成した状態で、つまりこれは赤ちゃんが育つ環境がやっと整ったに過ぎないわけです。これから成長していく赤ちゃんにとってもお母さんにとっても大事な時期なのに変わりはありません。流産の可能性は妊娠初期に比べてぐっと低くなりますが、ゼロになったわけではないですし、早産の可能性もあります。そうなった場合、お母さんと赤ちゃんの状態を把握しているかかりつけのお医者さんに頼れないというのは大きなリスクになります。

移動中は降りられない

新幹線や飛行機での長距離の移動は、体調が悪くなっても途中下車できません。映画やドラマのようにたまたま名医が乗り合わせていればいいですが、そんな偶然が起る事は稀です。自家用車での移動でも、高速道路を走っていたり、渋滞にはまってしまったらどうしようもありません。そうなったら赤ちゃんの健康に影響を及ぼすのはもちろんのこと、周りの人たちにも大変な迷惑をかけることになります。

かわいいかわいい子供服
高槻市で賃貸で豪華なマンションをみつけませんか?豪邸などの意味で用いられることが多いマンションの語源は、英語で共同住宅の意味はほとんどないとか…。

飛び込み出産の可能性

旅先で体調が急変してしまった場合、その近くにある病院で出産しなければならない自体に陥る可能性もあります。これには大きなリスクが伴います。希望の出産方法を取れないのはもちろんのこと、飛び込んだ病院に十分な設備が整っていなかったり、分娩の予約がいっぱいで産婦人科医に担当してもらえなかったりと様々な問題が生じることが予想できます。また早産だった場合、NICU(新生児向け集中治療室)に空きがないと、生まれた赤ちゃんに適切な処置が行なえず、場合によっては死に至る危険性もあります。海外での飛び込み出産では、国によっては日本と同じレベルの処置を受けられない場合もありますし、保険が利かないので数百万~数千万の医療費がかかることもあるのです。

周りに相談して決めましょう

赤ちゃんが生まれたら中々旅行にいけなくなります。育児に専念しなければならず、旅行どころではなくなるからです。だから妊娠中の今のうちに楽しんでおきたいという気持ちはとてもよく分かります。ですが、妊娠中の旅行には大きなリスクが伴うことを忘れないでください。お腹の赤ちゃんのことを第一に考えて、旅行の前にかかりつけのお医者さんやご家族とよく話し合って決めてください。プレママ旅行もお腹の赤ちゃんとお母さんの健康あってこそです。無理はせず、体調がおかしかったら中止する勇気を持ちましょう。旅行は子どもが大きくなってからでも行けますが、赤ちゃんの命はひとつです。リスクを考え、自己責任で行動しましょう。